にゃんこ メス 年齢不明



ある年の冬に腐りかけたりんごを庭の木の枝に刺して鳥を集めて楽しんでいると、その鳥を狙って我が家の庭に登場。
鳥よりネコを選んでしまう私のカツオブシ作戦で見事縁側ネコに成り上り、
その後徐々に家の中へと誘い家ネコへと昇格。
でも今でもうちではあんまりうんこもしっこもしない。
よそでは「ゆきちゃん」と呼ばれている説が.....

ナカザワさん オス



にゃんこの親分?でもときどき思いっきりにゃんこに殴られているので、
彼氏⇔彼女な関係ではなさそう。行動範囲がめちゃめちゃ広い。



かなりリラックスのナカザワさん。体のあちこちに怪我や汚れがあって、
戦う男な感じ。




ナカザワさんが10日くらい家に来なくなっていた。
そしたら今日の夕方今までに聞いたこと無い声でなきながら庭に現れた
にゃんこと急いで様子を見に行くと すっかりやせ細ったナカザワさん。
にゃんこはくんくん体中の匂いを嗅いでいる けどナカザワさんは無視
ほんまにナカザワさん何があったんやろう・・・・男の人は大変やなぁと
ナカザワさんの姿をみて思う。カツオブシをあげたら 夢中で食べてた。



コウジさん オス




縁側に時々遊びに来るけど 触らせてくれない
にゃんことは不仲だし 私のことも嫌いみたいだけど縁側は好きらしい。
友達に似てて コウジさんと呼んでみたりしてる。




コウジさんがあんまりにも痩せてきたので 餌をあげたら
「ギャフギャフ」と鳴きながら 急いで食べてた
それからうちの縁側に一日中いすわってて
にゃんこもなんだか縁側の座を譲ってあげている。
それなのに相変わらず 私の顔みると「フー」と怒る。


おっさん オス おやじ猫




「え?ここすわったらあかんのん?ええやん、ちょっとくらい・・・」
最近油断したらここの椅子にに居座ろうとするおっさん。
私の顔をみると ダッシュで逃げる 小心者のおっさん。
この前チャリにひかれそうになっていたどんくさいおっさん。
にゃんこは最近おっさんのことが好きみたい。その好みは計り知れない...


キンジョウ 白猫 オス
うちの縁側猫至上最も切ない猫キンジョウ。
野良猫、オス、58歳(多分ね)
はにゃんこに恋をしていて、それは今までのどのオス猫よりもわかり易い。
にゃんこも案外まんざらでもなさそうだけれど、キンジョウの存在は彼女のなかでは5番目くらいの存在らしい...
下の写真は雨の中シュロの木の葉の下で雨宿りしながらにゃんこをまつキンジョウ。せつない。


のた 黒猫 オス 昔飼っていた猫




学校近くの牛小屋でうろうろしてたのを抱っこしてしまい
そのまま連れ帰てかえる。私の猫好きを本物にしたネコ
車にはねられたときも頑張って帰ってきたりして健気な奴
なんでかここでなが〜くなって寝るのが好きでちゃんと熟睡してた。